マッサージ師を目指している人必見|必要な資格で夢を実現

女の人

実施できる治療法

患者とマッサージ師

西洋医学の場合はマッサージ師、東洋医学の場合はあん摩師などマッサージ施術の資格はあります。関節障害に対して稼働域訓練を行なえる資格もあれば、経穴や経絡を刺激して回復を図る資格もあります。施術スタイルは変わるので将来設計に基づいて、取得資格を選択するのが望ましいでしょう。

Read More

雇用することの効果

マッサージ治療

マッサージ資格の保有者は、神経の緊張を解きほぐす施術が可能なので、ストレス社会には人気を集めています。企業によっては、専属のマッサージ師を雇用して、社員の健康管理を図ることもあります。マッサージ資格取得には専門学校への通学をする人が多いです。

Read More

必要な勉強と増加する仕事

施術

専門学校に一定期間通うことで、マッサージの資格を取得することが可能となります。学校の競争率は高いため、入学試験においては高得点の取得が望まれます。専門学校を卒業後、国家試験受験資格が得られます。これに合格すると、仕事としてマッサージ施術が可能です。病気の後遺症が残る人への機能訓練も可能となります。

Read More

癒しの仕事

治療

体を癒す方法

近年のストレス社会の中で、癒しの場とされるマッサージがあります。自宅で家族にマッサージをすることはもちろん、店舗でいろいろな人を対象にしたり、ホスピスなどでの体をリラックスする目的で利用したりと、活躍の場は広くなり人気があります。マッサージの資格を取得できるスクールや通信教育なども充実しているので、自分の目的にあったマッサージ資格を取得することが大切です。資格がなくても働くことができるので、働きながら技術を学ぶ人も少なくありません。アロマやリンパ・フット・ハンドなど、マッサージをする場所や方法なども種類によってさまざまです。スクールを選ぶときには、いろいろな情報を収集して、受講内容や受講料などもしっかりと確認してから選択することが大切です。

学ぶ場所

マッサージの資格は、資格取得の内容が違うので、受講料も幅が広いです。特に通学スタイルだと、開業までの内容を学ぶコースがあったり、複数の資格を取ることができたり、就職先をみつけてくれたりと費用が割高ですが、サポート体制が整っているスクールが多いいので魅力的です。通信講座だと、比較的金額も低く、DVDなどの教材で、自分の空いている時間に何度も見て学習することができるので、マイペースに資格を取得したい人にお勧めです。どちらも資格がもらえるので、より自分のスキルアップにつながる内容を選択することが重要になります。実際に自分でマッサージを受けてみる事も勉強になるので、気になるマッサージや学びたいマッサージがある場合は体験するとよいです。