マッサージ師を目指している人必見|必要な資格で夢を実現

眼鏡の男性

必要な勉強と増加する仕事

施術

生物の勉強が役立ちます

マッサージの資格を取得するためには、専門学校に3年間通うことが必要です。専門学校は定員が限られていまして、医療系の専門学校のなかでは、競争率が高い部類になっています。入学するためには入学試験を受けるのですが、学科はそれほど多くありません。学科が多くないのに競争率が高いのですから、高得点を獲得する必要があります。そのためマッサージの専門学校に合格するためには、少ない教科を深く理解することが必要です。とくに生物に関しては、よく入学試験の学科に採用されます。生物がよく採用される理由は、医療に携わる資格なので、身体の仕組みを理解する必要があるからです。そのためマッサージの専門学校に合格するには、生物をよく勉強しておくと役立ちます。

需要が高い状態が維持

このようなマッサージの専門学校を卒業すると、国家試験を受験します。国家試験に合格すると、マッサージの資格を取得することができるのです。マッサージの資格を取得すると、さまざまな分野で仕事をすることができます。そのなかで最近増加するようになっているのが、デイサービスを開業することです。デイサービスは介護保険制度を使うのですが、さまざまな形態があります。このうちマッサージの資格を持っていると、機能訓練を行うことができるのです。例えば脳血管障害の後遺症がある人に対して、退院後の機能訓練を行うことができます。こうした機能訓練を必要とする人は、今後も増加することが明確です。したがってマッサージの資格は、今後も需要が高い状態が維持されると予測されているのです。