マッサージ師を目指している人必見|必要な資格で夢を実現

眼鏡の男性

実施できる治療法

患者とマッサージ師

今後も活躍します

マッサージというのは、西洋医学における治療で使用されてきた歴史があります。そのためマッサージ師の資格を持つ人は、西洋医学的な治療を行うことができるのです。例えば外傷を起こしたあとには、固定を行うことによって、関節拘縮が発生することがあります。そうした外傷後の関節拘縮に対してマッサージ師は、可動域訓練を行って改善するようにするのです。あるいは脳血管障害が発生すると、麻痺がよく残ります。この脳血管障害による麻痺にも、マッサージ師は治療を行うことが可能なのです。このような疾患に対する治療は、今後も需要が継続します。そのためマッサージ師は、西洋医学の治療の現場において、今後も活躍すると予測されている資格です。

同時に行えます

しかしマッサージ師には、そのほかにあん摩師という資格の名称も存在します。あん摩というのは、西洋医学ではなくて、昔から日本で行われてきた東洋医学に含まれる治療です。すなわちあん摩師は、東洋医学的な治療法も行う資格なのです。東洋医学的な治療の方法としては、経絡や経穴を用いて治療を行うことが有名です。例えば主訴は腰痛であるにも関わらず、足の経穴を刺激して、治療を行うこともあります。このような治療法は、西洋医学においてはほとんど用いられません。どの西洋医学観点での資格、東洋医学観点での資格、どちらの資格が将来役立つか、きちんと考えて上で学ぶのが大切です。自分の学びたい学校で、望んでいる資格が取得できるのかきちんと情報収集を行いましょう。